単純接触の原理

 
接触回数が多ければ、それだけで相手に好意的な気持ちを抱いてしまう心理現象。


これは何も人に関わらず情報などでも有効で、
同じ情報を手を変え品を変え、何度も伝えられている内に
最初は信じてなかったものも、信じる気持ちになってしまう現象もこの原理に基づく。


この単純接触の原理の応用として、
『相手に振り向いて欲しければ接触回数を増やせ!』というものがある。
逆に、ニュースなどのネガティブ情報に日常的に接触し続けると、
『世の中ネガティブなことに溢れかえってる』と信じ込んでしまうため、
成功者などはニュースを見ない…らしい。


ちなみにこの単純接触の原理にも限界があるらしく、10回を越えた時点で、それ以上好意や信憑性が増すことはないとのこと。

 ☆★☆★☆★☆★

EB「つまり、相手、もしくは自分自身に信じ込ませたければ、『何度も繰り返せ』ということだな?」

シヴ「それって一種のマインドコントロールっていうんじゃないのかな。。」

EB「おかしな宗教に引っかからないように注意することだ」

シヴ「それ、ちょっとシャレにならない。。」

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。