悲しいから泣く? キャノン=バード説

 
心理学では「感情」と「行動」の因果関係について、
いくつかの説があったりなかったりする…そんな話の2回目。

ジェームズさんは『生理的反応があって、感情がくっついてくる』と説いたが、
キャノンさんは、『感情があって初めて、生理的反応が起こるんだ』と主張した。


『感情が先で、生理的現象や行動は後からついてくる』


つまり人は、

「悲しいから泣く」
「怖いから逃げる」
「楽しいから笑う」

というのが、キャノンさんの理論。

しかしながら、現在では、
ジェームズ=ランゲ説も、キャノン=バード説もどっちが正解とは言い切れないのが正直なところ。

というか、現在では第三の『シャクターの情動2要因理論』が認知されていたりする。。



☆★☆★☆★☆★

シヴ「わたしにはキャノンさんの説の方がしっくりくるよ」

EB「悲しいから泣く?」

シヴ「そうそう! いやでも…意味もなく笑ってたらそれだけで楽しい気持ちになる、というのも否定できないけど」

EB「もはや感情が先か反応が先かなんて、卵が先かにわとりが先か、という議論を交わしているようなものだな」

シヴ「そうだね。堂々巡りだよ」

EB「それに『笑っているから楽しい』と全てがいえるわけでもないしな」

シヴ「ええー!?」

EB「まぁ、それは次回以降に持ち越すとして、な」

シヴ「何それ! どこかのテレビ番組じゃあるまいし!」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。