ダッシュとマラソン? 「外発的動機付け」と「内発的動機付け」

 
心理学上では『やる気』のことを『達成動機』と言う。

この何か物事を行う際、その動機付け(やる気)には
『外発的動機付け』『内発的動機付け』の2種類がある。


外発的動機付けとは。

 人間を基本的に怠惰な存在であると考え、
 外から与えられる理由によって行動を起こすこと。

 (「ほめられたいから」「仕事で必要だから」など)

 他人のためにやる。
 外的報酬がある。

 例えるならダッシュ。
 短期的にはやる気が出るが、すぐにつまらなくなる。


内発的動機付けとは。

 人間を基本的に自立的な存在であると考え、
 内から溢れ出る衝動によって行動を起こすこと。

 (「面白いから」「好きだから」という理由)

 自分のためにやる。
 外的な報酬はない。

 例えるならマラソン。
 長期的なエネルギーを出せる。


何かをする際、
例え外発的動機付けでスタートダッシュを切ったとしても、
その間に自分の中で価値を見つけ(面白い、やりがいがあるなど)、
内発的動機付けに移行していきたいもの。

☆★☆★☆★☆★

シヴ「まぁ『やれ』って言われてやるのと『やりたい』と思ってやるのとじゃ、やる気に雲泥の差がでるのは普通だよね」

EB「よく言われる話だが、『やれ』と言われたことの中にやりがいを見出して『やりたい』に変えること。毎日を楽しく過ごすための秘訣だな」

シヴ「仕事とかね(涙)」

EB「また、何か目標を立てて行動を起こしてもそれが続かない、という人にも今回の話は役に立つ」

シヴ「ちょっとー、それは今度わたしが話すつもりなのにー」

EB「ヒントは、その目標を達成するための動機付けが、『外発的動機付け』になっていないかどうかだ」

シヴ「いやいや、それ答え――」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。