ストロークって何ぞや?

 
ストロークとは。

人間同士が関わりあう行為全般、
または他人の存在や価値を認めるはたらきかけのこと。



人間同士がとるすべてのコミュニケーションは、ストロークの交換が目的であると言っても過言ではなく、
その方法はスキンシップだったり、言葉であったり様々。


また、ストロークには
『プラスのストローク』と『マイナスのストローク』が存在する。


プラスのストローク…もらうと嬉しくなる肯定的な働きかけ。(誉める、好意を示す)
マイナスのストローク…もらうと嫌な気持ちになる否定的な働きかけ。(怒る、悪口を言う)



さらに、ストロークの分類として、
『条件付のストローク』と『無条件のストローク』と分けられる。


条件付のストローク…
「あなたは勉強ができて嬉しい」「あなたはいつもプレゼントくれるから好き」
無条件のストローク…
「あなたはあなただから好き」「今のままの自分でいいんだ」



ストロークを与える際、条件付のストロークはあまり好まれない。
なぜなら「あなたは勉強ができて嬉しい」というストロークを子どもに与えたとして、
裏を返せば「勉強が出来なければダメ」という風に感じ取ってしまうため。


よき「ストローク」の3つの法則として、


@ストロークは惜しみなく与えるべき。
A「条件付き」ではなく「無条件のストローク」を与えるべき。
B自分で自分にもストロークを与えるべき。(自己暗示の側面)



があげられる。

 ☆★☆★☆★☆★

シヴ「ジュースに刺して使うのは?」

EB「ストロー」

シヴ「野球で直球ど真ん中は?」

EB「…ストライク」

シヴ「そして、今回の話はストローク!」

EB「……何か意味があるのか?」

シヴ「…いや、ないよ?」

EB「……そうか」


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。