EBによる無料カウンセラー講座〜第2回

 
こんにちは、EBだ。
この講座は


「誰かを少しでも癒してあげられる自分になりたい」
「誰かの悩みを一緒に解決していけるような自分になりたい」


という人向けに連載中だ。


前回、カウンセラーになりたければまず『自分自身を癒すこと』から始めようと話した。
今回はそのことについて、もう少し話させてもらおうと思ってる。


ここで一つ質問。


『自分が何か失敗をしてしまったとき、自分自身に何て声をかける?』


…考えてみただろうか?
で、この時、


「俺はなんてダメなヤツなんだ。こんなことも出来ないのか!」
「こんな失敗をして周りにも迷惑をかけて…もう私なんていない方が…」



こんな風に考えてしまう人は要注意だ。
これはあまり誉められた考え方ではない。


なぜなら反対に考えてみると分かる。
あなたが他の誰かに「私、こんな失敗をしてしまって…」という相談を持ちかけられたとき、


「あなたは全然ダメなヤツですね。そんなことも出来ないんですか?」


や、


「そんな風に失敗して周りに迷惑かけて…あなたはもういない方がいいですよ」


などと答えを返すだろうか?
…というか、そういう風に答えを返すやつは「もう帰れ」、という感じだからな(- -)


分かるだろうか?


人は自分自身に対してならとことん酷い言葉をかけられる。
だが、それが『酷い言葉』だとは気付かない。



だから、自分を嫌ったり、蔑むような考えが思い浮かんだときは、
この物の見方を思い出してほしい。


「誰か他の人が自分と同じ立場に立ったとき、その人に対して自分は酷い言葉を投げつけるだろうか?」と。


自分自身に対して常日頃から攻撃している人は、
相手に悩みを聞いたとき、それが自分の中での攻撃対象だった場合、
(例えば自分の弱さを嫌っていたとして、「弱い自分をどうすればいいですか?」などという相談を持ちかけられたら)
カチンと来たり、イラっと来たりするだろう。
無意識のうちに、だ。
で、本人は気付かず、相手を責めるような口調で答えを返してしまう、と。


これでは相手を癒すことは出来ないな。


だから、カウンセラーになりたければ常日頃から、


『自分に対して優しい言葉をかけること』


失敗した自分がいたら、「大丈夫。確かに失敗したけどこれから挽回すればいいよ」
落ち込む自分がいたら、「落ち込んでしんどいね。無理せずにちょっと休みを取ろうよ」


そんな風に自分で自分を気遣う練習をして欲しい。


自分を気遣えるようになれば、相手に対して気遣う余裕と心、
そして

『どうすれば相手を癒す言葉を告げられるのか』


その方法が自然と自分の身につくぞ?


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のまとめ。

・常日頃から自分に対して優しい言葉をかけること。

・そうすれば、相手にも優しい言葉がかけられるようになる。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


とは言うものの、「優しい言葉」と、「甘やかす言葉」は違うからな。


「今日も仕事しんどいなぁ…もう面倒だし休みたいなぁ」

心の声《面倒なら休んでもいいじゃん。どうせ行っても意味ないしさ》

「そうだな。もうどうでもいいや。休んじゃお」


…などと自分を甘やかさないように。


次回は、本格的に実際の対面カウンセリングに使われる手法を話していこうと思ってる。
興味があれば、また読んでくれると嬉しく思う。


EBより。

EBによる無料カウンセラー講座〜第1回目

こんにちは、EBだ。
この講座は

「誰かを少しでも癒してあげられる自分になりたい」
「誰かの悩みを一緒に解決していけるような自分になりたい」


という人向けに連載中だ。


早速今回からカウンセラーになるにはどうすればいいか、
一つ一つ話していこうと思う。

ます、カウンセラーになるためのもっとも重要かつ、
一番最初に取り組むべきなのはずばり、

『自分自身を癒すこと』

である。

自分自身を癒す方法を身に着けることが、
もっとも手っ取り早く、かつ素晴らしいカウンセラーになるために必要不可欠なことなんだ。

例えば、対人関係で悩みを持っている人が、
同じく対人関係に悩みを持っている人を癒せるだろうか?

「私も同じ悩みを持っています。辛いですよね」

多分、誰もそんな言葉は必要としていないと思う。
むしろ、

「私も同じ悩みを持っていました。こうすれば改善できました!」

という言葉の方が相談者にとって力強い言葉となるとは思わないか?

だから、何よりもまず、

『自分自身の悩みや問題を解決すること』

を優先として欲しい。
誰かの悩みに乗ってあげようとするのはそれからだ。


自分の悩みを解決できたなら、
自分と同じ悩みを持っている人にアドバイスはいくらでもできるだろう。
それに『この人が解決できたなら、私にも解決できるはず!』という希望を与えることもできるんだ。
それはとても素敵なことだとは思わないだろうか。

ごくたまに、自分の方がより深い悩みを抱えているのにも関わらず、
他人を助けてやろうと自己犠牲精神を発揮する人もいる。

確かに自分の傷が痛むのに、他人を傷を癒そうとするのは立派だろう。
しかし、本人が気付いていないだけで、端から見ていると、その様子はとても痛々しい。
悩みを解決してもらったその人自身も、相手がそんな状態だから
「ありがとう」という気持ちよりも、「そんな状態なのに私のためにここまでしてくれて…」と
罪悪感を抱くことの方が多い。

それになにより。

”他人の傷をいくら治しても、自分自身の傷は癒されることはない”。

自分が癒されたいために他人の相談に乗っている人は要注意だ、と言っておく。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のまとめ。

・誰かを癒す人になりたければ、まず自分を癒せ。

・自分の問題を解決すれば、それは同じ悩みを持っている人への希望となる。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


次回も、この『自分を癒す』をもう少し具体的に話そうと思う。
興味があれば、また読んでくれると嬉しく思う。


EBより。

EBによる無料カウンセラー講座〜初めに。

 
こんにちは、初めまして。EBだ。
こうした場で話すのは初めてのことだな。
よろしく頼む。

今回から、題名にあるとおり
『無料で』…というか、できるだけお金をかけず、
『カウンセラー』になる方法を、
ここに記していこうと思っている。


ここでまず一つ言っておきたいことがある。
ここでおれが定義する『カウンセラー』は

”他者の悩みを一緒に解決していく援助者”


を指す。
まかり間違っても、

『他人の悩みをその人の代わりに解決できる人』

になるためのものではないのであしからず。

そもそも、

「おれの言葉でお前の悩みを解決してやろう」

というのはおこがましいのにもほどがあるとは、おれの持論だ。

悩んでいる人が、『自分で悩みを解決』できるようにその方向性を示したり、
その人が問題を乗り越える力を引き出すために癒したりするのが
カウンセラーの役目だとおれは思っている。


プロのカウンセラー。
仕事としてお金をもらって他者をカウンセリングする人になりたいのなら、
それ相応の講座をお金をかけて学びに行くと良いが、というか、そうしてもらいたいが、

『身近な人の相談に乗ってやりたい。力になりたい。そのためのカウンセリング技術を学びたい』

というのなら、おれの話は役に立つと思う。

お金をかけずとも、カウンセリング技術は磨くことができる。
これから、その方法を一つずつ、具体的に話していこうと思っているのでよろしく頼む。


最後に。
無料カウンセラー講座をやってみようかと思った動機だけ記しておく。
(読み飛ばしてもらって構わないが。。)
最後に。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。